学生学会報告(2005年~)

2014年度

学会名 The 7th International Conference on Knowledge Science, Engineering and Management (KSEM 2014)
場所 Sibiu, Romania
日時 2014年10月16日(木)~10月18日(土)
発表内容
Nobuhito Marumo,Takashi Beppu,Takahira Yamaguchi : Knowledge Transfer System Based on the Integration of Workflow and Rule Base and Ontologies
学会名 18th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KEM2014)
場所 Gdynia, Poland
日時 2014年9月12日(金)~9月17日(水)
発表内容
Yu Sugawara,Takeshi Morita,Hidenao Abe,Shuichi Matsumoto,Takahira Yamaguchi : Identifying types of staying facilities from traffic log data
学会名 第28回人工知能学会全国大会
場所 ひめぎんホール「愛媛県県民文化会館」(愛媛県松山市)
日時 2014年5月12日(月)~5月15日(木)
発表内容
菅原 優,森田 武史,阿部 秀尚,松本 修一,山口 高平 : 行動ログデータの分析に基づく滞在施設の種類の推定
大河原 渉,牧山 宅矢,大野 祐,森田 武史,杉山 岳弘,山口 高平 : Linked Dataの構造分析に基づく高速道路立ち寄り推薦サービス
石井 誉仁,淵澤 雅志,稲田 周平,山口 高平 : サーブリッグ分析を用いた双腕ロボットによる作業改善
樋川暁,小川雄平,森雄一郎,山口高平 : オントロジーとSOAに基づくロボット協調サービスシステムの構築
丸毛 伸仁, 別府 高志,山口 高平 : ワークフローとルールベースとオントロジーの統合に基づく知識継承支援システム

2013年度

学会名 第27回人工知能学会全国大会
場所 富山国際会議場「大手町フォーラム」(富山県富山市)
日時 2013年6月4日(火)~6月7日(金)
発表内容
玉川 奨,香川 宏介,森田 武史,山口 高平 : 日本語WikipediaオントロジーのLinked Open Dataへの取り組み
阿部秀尚,森田武史,田中塁,山口高平 : スマートフォンとCANとソーシャルメディアの統合に基づく道路行政支援
多川 勇介,田中 改,南 裕也,並河 大地,下村 道夫,山口 高平 : レシピと食品標準成分表を連携させた食事療法支援サービス
樋川暁,小川雄平,森雄一郎,山口高平 : マルチモーダルインタラクションを目指したオントロジーロボット

2012年度

学会名 第26回人工知能学会全国大会
場所 山口県教育会館, ゆ~あいプラザ山口県社会福祉会館, 山口県自治会館(山口県)
日時 2012年6月12日(火)~6月15日(金)
発表内容
森田 武史,玉川 奨,山口 高平 : 日本語Wikipediaオントロジーと日本語WordNetの統合
玉川 奨,森田 武史,山口 高平 : 日本語Wikipediaからのクラススキーマ階層の自動構築と利用
鈴木 健太,玉川 奨(登壇者),山口 高平 : 大規模会計Linked Dataのためのシステムアーキテクチャ
保科 宗淳,大河原 渉(登壇者),山口 高平 : 領域オントロジーとLinked Dataを利用した観光情報推薦
小林 昭太郎,樋川 暁(登壇者),山口 高平 : 対話と動作の連携を目指したオントロジーに基づく知能ロボット
松下 裕,山口 高平 : オントロジーとHPSGを利用した日本語文の含意判定モデルの提案
中村 尚広,竹内 広宜, 山口 高平 : サービス・オントロジーを用いた口コミ情報の構造化とその利用

2011年度

学会名 第25回人工知能学会全国大会
場所 アイーナ いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市)
日時 2011年6月1日(水)~6月3日(金)
発表内容
竹内 広宜, 中村 大賀, 山口 高平 : ユースケース記述の構造化とその活用, 1P2-1in
飯島 千絵, 森田 武史, 榎本 善太郎, 山口 高平 : 日本語Linked Dataに基づくモビリティサービスの実現,3E3-OS20-4
玉川 奨, 関本 有佳, 森田 武史, 山口 高平 : 日本語Wikipediaからプロパティを備えたオントロジーの構築, 2J3-NFC2-5
小林 昭太郎, 後藤 あいり, 山口 高平 : オントロジーアライメントに基づくヒューマンロボットインタラクション, 3B1-OS22b-7
鈴木 健太, 山口 高平 : 会計ドメインにおけるRDFモデルの構築とLinked Dataとの連携, 3E3-OS20-5
多川 勇介, 相原 康弘, 王 慧俊, 南 裕也, 並河 大地, 金子 雅志, 山口 高平 : 印象語と仕様データのマッピングに基づく情報検索サービス, 2F1-2in
松井 信也, 石川 達也, 岡部 雅夫, 山口 高平 : オントロジーに基づく知識継承支援システムの再利用可能性, 3G2-3in

2010年度

学会名 International Conference on Human-robot Interaction 2011 (HRI 2011)
場所 Lausanne, Switzland
日時 2011年3月6日~9日
発表内容
Shotaro Kobayashi, Susumu Tamagawa, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi : Intelligent humanoid robot with japanese Wikipedia ontology and robot action ontology
学会名 14th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES 2010)
場所 Cardiff, Wales, UK
日時 2010年9月8日~10日
発表内容
Chie Iijima, Makito Kimura, and Takahira Yamaguchi : Implementing an Image Search System with Integrating Social Tags and DBpedia
学会名 International Conferences on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology 2010 (WI-IAT 2010)
場所 York University, Toronto, Canada
日時 2010年8月31日~9月3日
発表内容
Susumu Tamagawa, Shinya Sakurai, Takuya Tejima, Takeshi Morita, Noriaki Izumi, Takahira Yamaguchi : Learning a Large Scale of Ontology from Japanese Wikipedia
学会名 International Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering 2010 (JCKBSE'10)
場所 KAUNAS, LITHUANIA
日時 2010年8月25日~27日
発表内容
Shotaro Kobayashi, Susumu Tamagawa, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi : Human Robot Interaction Based on Wikipedia Ontology and Robot Action Ontology
Tatsuya Ishikawa, Keido Kobayashi, Masao Okabe and Takahira Yamaguchi : Support for Externalization of Intelligence Skill Using Ontology and Rule-based System
学会名 第24回人工知能学会全国大会
場所 長崎ブリックホール(長崎県長崎市)
日時 2010年6月9日(水)~6月11日(金)
発表内容
竹内 広宜, 杉山 喜昭, 太田 千景, 山口 高平: マーケティングミックスとテキストマイニングを用いた市場分析支援, 3A3-1
玉川 奨,桜井 慎弥,手島 拓也,森田 武史,和泉 憲明,山口 高平: 日本語Wikipediaインフォボックスからのプロパティ自動抽出, 2I3-NFC4-3
小林 昭太郎, 山口 高平: オントロジーを利用した人型ロボットNaoによる動作を伴う対話の実現,3E2-2
鈴木 雄大, 大田 千景, 山口 高平: マーケティングミックスに基づくサービスオントロジーの構築と評価,2B1-3
石川 達也, 小林 圭堂, 岡部 雅夫, 山口 高平: オントロジーとルールベースシステムを利用した知識変換支援,2B2-4

2009年度

学会名 人工知能学会第3回フレッシュマン人工知能研究交流会
場所 東京工業大学大岡山キャンパス
日時 2010年3月18日
発表内容
玉川 奨,桜井 慎弥,手島 拓也,森田 武史,和泉 憲明,山口 高平 : 日本語Wikipedia からの大規模オントロジー学習
石川 達也,小林 圭堂,岡部 雅夫,山口 高平 : 知識マネジメント支援を目的としたオントロジーとルールベースシステムの構築と評価
小林 昭太郎,山口 高平 : オントロジーを利用した人型ロボットNaoによる動作を伴う対話の実現
イベント 伊藤忠次世代Webサービス企画・開発プロジェクト2009 最優秀賞 と 副賞のシリコンバレー視察
場所 シリコンバレー,サンフランシスコ
日時 2010年2月22日~26日
発表内容
玉川 奨,桜井 慎弥,飯島千絵 : Linked Dataに基づく次世代検索サービス
学会名 4th Asian Semantic Web Conference (ASWC 2009)
場所 FUDAN UNIVERSITY, SHANGHAI, CHINA
日時 2009年12月6日~9日
発表内容
Shinya Sakurai, Takuya Tejima, Takeshi Morita,Noriaki Izumi,and Takahira Yamaguchi : Building up a Large Ontology from Wikipedia Japan with Infobox and Category Tree
イベント アルデバラン社スタッフ訪問
場所 山口研ロボットグループ研究室
日時 2009年11月30日
備考
保科 宗淳, 小林 昭太郎
学会名 3rd International Conference on Knowledge Science, Engineering and Management(KSEM2009)
場所 Kleiner Festsaal, University of Vienna
日時 2009年11月25日~27日
発表内容
Keido Kobayashi, Akiko Yoshioka, Masao Okabe, Masahiko Yanagisawa, Hiroshi Yamazaki and Takahira Yamaguchi: How much well does Organizational Knowledge Transfer work with Domain and Rule Ontologies?
学会名 第23回人工知能学会全国大会
場所 サンポートホール高松(香川県高松市)
日時 2009年6月17日(水)~19日(金)
発表内容
宮川智好,山本隆三,植田光,山口高平: 多重オントロジーに基づくセマンティックロボットサービスの設計と実現, 1B2-2
桜井 慎弥,手島拓也,森田 武史,和泉 憲明,山口 高平: Wikipediaオントロジーに基づくドメインオントロジー構築支援環境の実現と評価, 2G1-NFC5-1
小林圭堂,竹田百合恵,吉岡亜紀子,岡部雅夫,山口高平,山崎浩志,柳澤雅彦: オントロジーとルールベースシステム構築に基づく知識継承支援,3G2-1

2008年度

学会名 The 2nd Interdisciplinary Ontology Conference (InterOntology09)
場所 慶應大学 三田キャンパス
日時 2009年2月27日~3月1日
発表内容
M.Okabe, M.Yanagisawa, H.Yamazaki, K.Kobayashi, A.Yoshioka and T.Yamaguchi: Ontologies that Support Organizational Knowledge Transfer of Intelligence Skill, pp.147-159
学会名 人工知能学会 第20回セマンティックWebとオントロジー研究会 Wikipediaワークショップ
場所 東京大学本郷キャンパス工学部2号館231号講義室
日時 2009年1月22日(木)
発表内容
手島拓也, 桜井慎弥, 森田武史, 和泉憲明, 山口高平: WikipediaとFolksonomyタグに基づくドメインオントロジー構築支援環境の実現と評価, SIG-SWO-A803-03
学会名 The 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence
場所 シドニー,オーストラリア
日時 2008年12月9日~12日
発表内容
M.Ishikawa, P.Geczy, N.Izumi and T.Yamaguchi: Long Tail Recommender Utilizing Information Diffusion Theory
学会名 3rd International Conference on Semantic and Digital Media Technologies (SAMT2008)
場所 コブレンツ,ドイツ
日時 2008年12月3日~5日
発表内容
R.Imai, N.Izumi and T.Yamaguchi: Using Location Ontology to Semantically Access Multimedia Contents
学会名 PAKM2008 (7th International Conference on Practical Aspects of Knowledge Management)
場所 日吉キャンパス,慶應大学
日時 2008年11月22日~23日
発表内容
M.Okabe, M.Yanagisawa, H.Yamazaki, K.Kobayashi, A.Yoshioka and T.Yamaguchi: Organizational Handing Down of Intelligence Skill Using Ontologies and a Rule-Based System, LNAI5345, pp.207-218, Springer
学会名 Networks: Discovering network structure and patterns using Social Network Analysis>
場所 日吉キャンパス,慶應大学
日時 2008年11月21日
発表内容
A.Yoshioka, K.Kobayashi, T.Yamaguchi, M.Okabe, M.Yanagisawa and H.Yamazak: Developing Ontologies and a Rule-based System for Organizational Knowledge Transfer, pp.1-14
M.Ushikoshi, Y.Takabayashi, N. Izumi, T.Yamaguchi: A Work Flow Composition System with Ontologies, pp.15-26
学会名 <PAKM 2008 Workshop on Integrating Taxonomies and Folksonomies for Enhanced Knowledge Navigation (ITFEKN 2008)>
場所 日吉キャンパス,慶應大学
日時 2008年11月21日
発表内容
T.Tejima, S.Sakurai, T.Morita, N.Izumi and T.Yamaguchi: Domain Ontology Construction with Wikipedia and Folksonomy Tags, pp.28-36
学会名 International Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering(JCKBSE) 2008
場所 ピレウス,ギリシャ
日時 2008年8月25日~8月27日
発表内容
T.Morita, N.Izumi and T.Yamaguchi: Integrating a Domain Ontology Development Environment and an Ontology Search Engine, Frontiers in AI and Applications, Vol.180, pp.263-272, IOS Press
M.Ishikawa, P.Geczy, N.Izumi and T.Yamaguchi: Capturing Knowledge Worker Behavior Based on Information Diffusion Theory, Frontiers in AI and Applications, Vol.180, pp.378-382, IOS Press
学会名 人工知能学会,第18回セマンティックWebとオントロジー研究会
場所 国立情報学研究所
日時 2008年7月11日
発表内容
桜井慎弥, 手島拓也, 石川雅之, 森田武史, 和泉憲明, 山口高平: 汎用オントロジー構築における日本語Wikipediaの適用可能性
学会名 第22回人工知能学会全国大会
場所 ときわ市民ホール/勤労者福祉総合センター(旭川市)
日時 2008年6月11日(水)~13日(金)
発表内容
宇田川智輝,今井良,和泉憲明,橋田浩一,山口高平:動画コンテンツの位置情報メタデータに関する検討,1F1-1
木村牧人,手島拓也,石川雅之,森田武史,和泉憲明,山口高平:ソーシャルタギングに基づくオントロジー構築支援システムの提案と評価,2H1-1
藤井直樹,近藤恵一,森田武史,和泉憲明,橋田浩一,山口高平:問題解決プロセスモデルに基づくソフトウェア設計支援, 3G1-2
杉山喜昭,平林悟,阿部秀尚,山口高平:時系列パターン抽出に基づく個人投資家意思決定支援システムの実現,3H1-4
山口新平,宮川智好,谷崎浩一,岩永将資,山口高平:多重オントロジーに基づくセマンティックロボットサービスの設計と実現,3J2-2
桜井慎弥,手島拓也,石川雅之,森田武史,和泉憲明,山口高平:日本語Wikipediaからの汎用オントロジーの構築と評価, 3F2-3
小林圭堂,加藤美穂,吉岡亜紀子,山口高平:知識継承における外在化支援のための業務ルールとドメインオントロジーの構築, 3D3-2

2007年度

学会名 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)
場所 慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎・大会議室
日時 2008年1月21日,22日
発表内容
近藤恵一,森田武史,和泉憲明,山口高平,橋田浩一: 情報システム開発支援のためのエンタープライズアプリケーションオントロジー,電子情報通信学会,信学技法KBSE2007-53
学会名 Workshop on Web Personalization and Recommender System (WPRS07)
場所 Sillicon Valley, USA
日時 2007年11月2日~5日
発表内容
Masayuki Ishikawa, Peter Geczy, Noriaki Izumi, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi: Information Diffusion Approach to Cold-Start Problem
学会名 The 6th International Semantic Web Conference (ISWC 2007)
場所 釜山,韓国
日時 2007年11月11日~15日
発表内容
Takeshi Morita, Takuya Tejima, Noriaki Izumi, Takahira Yamaguchi, A Domain Ontology Construction Method Supported by an Ontology Search Engine, In Poster & Demonstration Proceedings of the 6th International Semantic Web Conference pp.73--74
学会名 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)
場所 クアラルンプール フェデラルホテル,マレーシア
日時 2007年 9月10日(月),2007年 9月11日(火)
発表内容
竹内成博,森田武史,和泉憲明,山口高平:オントロジーを用いたHTMLからのRDFデータ抽出法,電子情報通信学会,信学技法(知能ソフトウェア工学合同研究会), KBSE2007-22
学会名 第21回人工知能学会全国大会
場所 ワールドコンベンションセンターサミット(宮崎市)
日時 2007年6月18日(月)~22日(金)
発表内容
森田武史,和泉憲明,山口高平: オントロジー検索エンジンと領域オントロジー構築支援環境DODDLE-OWLの統合,1D2-4
手島拓也,森田武史,和泉憲明,山口高平:日本語WikipediaマイニングとFolksonomyタグに基づく領域オントロジー構築支援,1D2-5
近藤恵一,森田武史,和泉憲明,山口高平,橋田浩一:異種オントロジー構築に基づく情報システム開発支援,1D3-4
山口新平,宮川智好,山口高平:オントロジー統合に基づくロボットサービス連携の実現と評価,1D3-5
今井良,森田武史,和泉憲明,山口高平:メタデータマッシュアップに基づくマルチメディアコンテンツの共有法,2B3-1
平尾郁実,飯島正,山口高平:情報家電エージェント協調のためのオントロジーサービスの実現,2C4-2
牛越正弥,高林裕矢,和泉憲明,山口高平:オントロジーに基づくワークフロー合成システム,3H7-2
石川雅之,森田武史,和泉憲明,山口高平:共有コンテンツのアクセス履歴分析に基づく情報推薦エンジンの構築,3G8-2
内藤憲吾,平林悟,阿部秀尚,山口高平:テクニカル指標組合せルールの学習に基づく投資家意思決定支援,3B8-4
吉岡亜紀子,大平昌弘,山口高平,飯島正,岡部雅夫,山崎浩志,柳澤雅彦:オントロジーによる知識継承とスケジューリングの支援,1B1-5

2006年度

学会名 人工知能学会 第15回セマンティックWebとオントロジー研究会
場所 北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 中講義室
日時 2007年3月30日,31日
発表内容
森田武史, 和泉憲明, 山口高平: オントロジー検索エンジンを用いた領域オントロジー構築支援環境DODDLE-OWLの拡張,SIG-SWO-A603-07
学会名 電子情報通信学会 知識処理と人工知能研究会・知能ソフトウェア工学合同研究会
場所 機械振興会館,東京
日時 2007年3月28日
発表内容
山口新平,宮川智良,山口高平:要求オントロジーに基づくロボットサービス連携の実現,電子情報通信学会,信学技法(知識処理と人工知能研究会・知能ソフトウェア工学合同研究会)
森田武史,手島拓也,和泉憲明,山口高平:既存情報資源を活用したオントロジー構築支援環境,電子情報通信学会,信学技法(知識処理と人工知能研究会・知能ソフトウェア工学合同研究会)
近藤恵一,森田武史,和泉憲明,山口高平,橋田浩一: オントロジーに基づく業務モデリングとシステム開発,電子情報通信学会,信学技法(知識処理と人工知能研究会・知能ソフトウェア工学合同研究会)
学会名 情報システム学会 第2回研究発表大会
場所 専修大学 神田校舎
日時 2006年12月2日
発表内容
森田武史,小野穣,洪潤基,川村正則,小出誠二,山口高平:領域オントロジー構築支援環境を用いたオントロジー搭載型検索システムの提案と評価
近藤恵一,森田武史,山口高平,和泉憲明,橋田浩一:オントロジーに基づくWebアプリケーション構築と評価
学会名 6th International Conference on Practical Aspects of Knowledge Management (PAKM 2006)
場所 ウィーン大学,オーストリア
日時 2006年11月30日~12月1日
発表内容
Y.Takabayashi, H.Niwa, M.Taneda, N.Fukuta and Takahira Yamaguchi: Managing Many Web Service Compositions by Task Decomposition and Service Quality Evaluation, LNCS4333, pp.291-302
学会名 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)
場所 愛媛大学 総合情報メディアセンター メディアホール1階
日時 2006年10月26日~27日
発表内容
近藤恵一,森田武史,和泉憲明,山口高平,橋田浩一:ビジネスオントロジーに基づくWebアプリケーション開発,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),KBSE2006-30
学会名 平成18年 電気学会電子・情報・システム部門大会
場所 関東学院大学金沢八景キャンパス
日時 2006年9月5日~6日
発表内容
高林裕矢,丹羽治隆,種田光晴,福田直樹,山口高平:概念間距離に基づく連携パス評価手法を用いたWebサービス自動連携システムの提案,TC5
平尾郁実,山田知秀,飯島 正,山口高平:情報家電エージェント協調のためのオントロジーサービスの実現, TC6
学会名 First Asian Semantic Web Conference (ASWC 2006)
場所 清華大学,北京,中国
日時 2006年9月3日~7日
発表内容
T.Morita, N.Fukuta, N.Izumi and T.Yamaguchi: DODDLE-OWL: A Domain Ontology Construction Tool with OWL, First Asian Semantic Web Conference, LNCS4185, pp.537-551
学会名 JOINT CONFERENCE ON KNOWLEDGE-BASED SOFTWARE ENGINEERING 2006 (JCKBSE'06)
場所 タリン,エストニア
日時 2006年8月28日~31日
発表内容
K.Kondo, S.Hoshii, T.Morita, N.Izumi, T.Yamaguchi and K.Hasida: Semantics Driven Development of Software Systems Based on Business Ontologies, JCKBSE2006 (2006.8)
学会名 第20回人工知能学会全国大会
場所 タワーホール船堀(江戸川区民ホール)
日時 2006年6月7日(水)~6月9日(金)
発表内容
小野穣,洪潤基,森田武史,川村正則,小出誠二,山口高平:日本語DODDLEに基づくロケットオントロジーの構築と検索システムへの適用,3B4-4
高林裕矢,丹羽治隆,種田光晴,福田直樹,山口高平:多粒度リポジトリに基づくWebサービスの連携と評価,3G2-3
学会名 人工知能学会 第13回 セマンティックWebとオントロジー研究会
場所 慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎・大会議室
日時 2006年7月3日(月)
発表内容
近藤恵一,星井翔吾,森田武史,山口高平,和泉憲明,橋田浩一:ビジネスオントロジーに基づく情報システム構築方法, SIG-SWO-A601-04
学会名 知能ソフトウェア工学研究会(KBSE)
場所 機械振興会館地下3階2号室
日時 2006年 5月15日(月)
発表内容
森田武史,山口高平:日本語概念を対象にした領域オントロジー構築支援環境DODDLEの機能拡張,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),KBSE2006-1
高林裕矢,丹羽治隆,種田光晴,福田直樹,山口高平:概念間距離に基づく連携パス評価手法を用いたWebサービス自動連携システムの提案,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),KBSE2006-5

2005年度

学会名 情報システム学会 第1回研究発表大会
場所 東京国際大学 早稲田サテライトキャンパス
日時 2005年11月26日(土)
発表内容
神谷慎吾,石橋昌彦,森田武史,山口高平:業務概念体系(オントロジー)に基づく概念クラス図構築支援,B-03
学会名 人工知能学会 第11回 セマンティックWebとオントロジー研究会
場所 NTTコミュニケーション科学基礎研究所
日時 2005年11月21日(月)
発表内容
森田武史,山口高平:オントロジーエディタDODDLEファミリーの開発と利用, SIG-SWO-A502-07
学会名 4th International Semantic Web Conference
場所 ゴールウェイ,アイルランド
日時 2005年11月6日~10日
発表内容
T. Morita, Ni.Izumi, N.Fukuta, T.Yamaguchi: Building up RDF and RDFS Descripitions with Meta-Model management, Poster, PID28
学会名 知能ソフトウェア工学研究会
場所 愛媛大学総合情報メディアセンター 会議室
日時 2005年 7月25日,26日
発表内容
神谷慎吾,石橋昌彦,森田武史,福田直樹,飯島正,山口高平:オントロジーを用いた分析クラス図作成支援,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),105,208, 25-30
学会名 第19回 人工知能学会全国大会
場所 北九州国際会議場
日時 2005年6月15日(水)~6月17日(金)
発表内容
山田知秀,飯島正,山口高平:オントロジーを利用した情報家電エージェント協調アーキテクチャ,1B2-03
大澤哲也,丹羽治隆,福田直樹,飯島正,山口高平:オントロジーを用いたWebアプリケーション統合プラットフォーム,1A4-03
峰岸巧,石橋昌彦,福田直樹,飯島正,山口高平:オントロジーに基づくソフトウェア開発上流支援,2D1-01
安随晋太郎,福田聡,濱崎雅弘,大向一輝,武田英明,山口高平:オントロジーに基づく携帯情報端末用レコメンデーションシステムの構築,2D2-03
学会名 知能ソフトウェア工学研究会
場所 機械振興会館 地下3階2号室
日時 2005年 5月16日(月)
発表内容
洪潤基,森田武史,飯島正,小出誠二,山口高平:日本語DODDLEに基づくロケット運用オントロジーの構築と評価,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),105, 48, 1-6 (2005.5)

2004年度

学会名 知能ソフトウェア工学研究会
場所 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階 中会議室
日時 2005年1月24日,25日
発表内容
山田知秀,飯島正,山口 高平:オントロジーに基づく情報家電エージェント間協調,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),104, 588, 37-42
安隨晋太郎,濱崎雅弘,大向一輝,武田英明,山口高平:領域オントロジーと個人嗜好情報に基づくモバイル型レコメンデーションシステムの構成,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),104, 588, 43-48
大澤哲也,福田直樹,飯島正,山口高平:オントロジーを用いたWeb アプリケーション自動連携とその評価,電子情報通信学会,信学技報(知能ソフトウェア工学研究会),104, 588, 49-54
学会名 5th International Conference of Practical Aspects of Knowledge Management (PAKM 2004)
場所 ウィーン,オーストリア
日時 2004年12月2日,3日
発表内容
S.Minegishi,N.Fukuta, T.Iijima and T.Yamaguchi: Acquiring and Refining Class Hierarchy Design of Web Application Integration Software, LNAI3336, pp.463-474
学会名 5th International Conference of Practical Aspects of Knowledge Management, Workshop on Enterprise Modelling and Ontology: Ingredients for Interoperability
場所 ウィーン,オーストリア
日時 2004年12月2日
発表内容
T.Ohsawa, N.Fukuta, T.Iijima and T.Yamaguchi: Ranking Web Application Composition Based on Ontologies