2017年度 Webインテリジェンス論
日時:火曜日4時限
教室:12-108

講義日程と講義資料
①4/11 人工知能の過去・現在・未来 pdf
②4/18 タイプ別最新人工知能1(前回資料)
③4/25 タイプ別最新人工知能2(前回資料)
④5/2  エキスパートシステム、BRMS、RPA pdf(ES)
⑤5/9 知識モデリング、オントロジー pdf(オントロジー
⑥5/16 ゲストスピーカ①:三宅陽一郎氏(スクウェア・エニックス)ゲームとAI(仮題)
★第1回レポート説明
※5/23は学会出張のため休講です
5/30よりノートPCを持参してください。
⑦5/30 セマンティックWeb、RDF,RDFS,OWL
⑧6/6  Protege演習1回目 (森田講師)protege-install, pdf
上記,protege-installを参考に,Protegeを各自ノートPCにインストールしておいてください
⑨6/13 SPARQL演習1回目(森田講師)pdf, sample sparql queries
⑩6/20 SPARQL演習2回目(森田講師)解答例(pdf), sparql_ex_answers.zip
⑪6/27 オントロジーとLODサービス pdf
⑫7/4  ゲストスピーカ②:山川宏氏( ドワンゴ人工知能研究所. 所長)汎用人工知能(仮題)
⑬7/11 ゲストスピーカ③:浦川真氏(NHK放送技術研究所)セマンティックWEBの応用事例~放送コンテンツの展開を目指して~

第1回レポート
課題1.猪木武徳:[地球を読む]人工知能の限界その1、その2、 読売新聞
(2016.11.27)を読み、賛同箇所2箇所以上と反論箇所2か所以上を、箇条書きで、
根拠・理由をつけて、2000-4000字程度で述べよ。参考文献・Webページは明記する事。
※読売新聞記事は、keio.jpにアップしたレポートファイルを参照してください。

課題2:適当な職業を選定して、業務分析を実施し、
各業務に対して、人、AI,通常のコンピュータ、知能ロボット、産業用ロボットなど、
どのリソースを割り当てて連携すれば、うまく機能するかを考察し(割り当て理由を記する事)、
人とAIの協働モデルを、2000-4000字程度で述べよ。参考文献・Webページは明記する事。
※職業の業務分析は、例えば、下記URLが参考になる(他のWebページでもOK)
http://www.hyouka.javada.or.jp/user/index.html 職業能力評価基準

厳守〆切:2017年6月2日(金)17:00までにkeio.jpより提出(メールは受け付けません)

第2回レポート

課題1:カクテルオントロジーを作成せよ.(授業中に作成)

課題2:興味のある分野についてOWLオントロジーをProtégéを用いて作成せよ.

以下のファイルをまとめて圧縮してkeio.jpから提出せよ.

厳守〆切: 2017年7月4日(火) 23:59までにkeio.jpより提出(メールは受け付けません)

第3回レポート

課題1: DBpedia JapaneseのSPARQLエンドポイントを利用して, 興味のある分野について1つクエリを作成せよ
(リンクを1つ以上たどることで必要な情報が得られるようにすること)
SPARQLエンドポイント:http://ja.dbpedia.org/sparql

課題2: DBpediaのSPARQLエンドポイントを利用して, 興味のある分野について1つクエリを作成せよ
(数値のソート,平均,最大,合計などを含むクエリを作成できると良い)
SPARQLエンドポイント:http://dbpedia.org/sparql

上記,SPARQLクエリ,その説明,実行結果の説明, 実行結果のスクリーンショット(多い場合は一部)を Word等の文書ファイルに貼り付けて,keio.jpから提出せよ

厳守〆切: 2017年7月18日(火) 23:59までにkeio.jpより提出(メールは受け付けません)

第4回レポート

課題:LODサービスに関する課題出題予定(7/11)
〆切:2017年7月31(月)23:59までにkeio.jpより提出(メールは受け付けません)

参考資料
RPAと三菱UFJ銀行 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/110700255/110700003/
BRMSと明治安田生命 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/031600047/070500057/?rt=nocnt
ワトソンと富国生命 http://mainichi.jp/articles/20161230/k00/00m/020/070000c